【スピリチュアル考察】2024年春ドラマに「記憶喪失」が多いのはなぜ?

こんな記事を見つけました。

そうなんです。今期のドラマはなぜか「記憶喪失」がテーマの一つ
となっているのドラマが多いのです。

私の知る限り、下記の4つのドラマ↓

 

これ、全部「記憶喪失」がストーリーの内容に組み込まれています。

一体なぜなのでしょう?
このYahoo記事で、こんな記述がありました。

 

民放プロデューサーによると、昔からの謎で、“重なるときは重なる”と言われています。

とのこと。

昔からの謎?つまり、無意識にテーマが被ってしまうということは、
目に見えない何らかの作用が働いているのだと確信しました。

何かが重なったり、続いたりすることは、高次元からの偉大なメッセージであることが多いので、
今回は、なぜ今期のドラマに「記憶喪失」が多いのか、

チャネリングしてみました。

 

温故知新の精神を大切にせよ

温故知新の意味

温故知新は「過去に起こった出来事や教えをよく調べて学び、そこから新たな知識を得る」という意味を持ちます。訓読した「故きを温ね、新しきを知る」(ふるきをたずね、あたらしきをしる)という言い回しでも知られています。

温故知新は中国の『論語』を由来とする、社訓や座右の銘として使われるほどの有名なことわざです。 〜マイナビニュースより抜粋

「故きを温ね、新しきを知る」(ふるきをたずね、あたらしきをしる)というこの精神を
大切にしなさい、と、高次元からのメッセージが降りて来ました。

もっと突っ込んで高次元に問いかけてみると、
新しいモノだけの追求だけでは、物事に血が通わなくなり(人間が本来持っている根源的エネルギー
が通わなくなり)、地球存続に関わるから、なのだそうです(*_*)

当たり前に在ること、起きていることがキーワード

現代に当たり前に存在することが、
過去はどうだったのだろう?と考えることで、
その「貴重さ」「大切さ」が見えてきます。

例えば・・・

現代では簡単に遠い国に住んでいる人ともビデオ通話が出来る、
でも、過去は何日も何日も時間をかけて
大切な人に会いに行った。

「人とコンタクトを取る大切さ、人とコミュニケーションを取る貴重さ」

電力の供給により、様々な技術が進歩した。
でも過去は?

冷蔵庫がなかった。
洗濯機もなかった。
エアコンもなかった。

昔はどんな風に食べ物を保存して、
衣服をどれだけ時間をかけて洗っていたのだろう?

「家事という労力に対する畏敬の念」

エアコンがない中で、
どうやって過去は、暑さや寒さを凌いでいたのだろう?

「自然と共存していくために今できることで工夫する力」

こんな情報が降りてきました。
インフラ技術の進歩と共に、我々に少しずつ失われてきたもの、失われつつある感覚・・・。

その中にも、大切なことが眠っているよ、自分なりにその大切なことを見つけて、
丁寧に扱うと良い、とのことでした。

過去を振り返る大切さを自分にも置き換えて考えてみよう

もし自分が「記憶喪失」になったら?
と、想像してみてください。
自分がどんな人間で、どんな経験をしたのだろう?
と、きっと必死になって考えるのでしょう。

もう思い出したくない嫌な出来事もあったかもしれないけれど、
忘れたくない素敵な思い出もあったかもしれない・・・。
その時やっと、生きてきた過去の大切さが見えてくるのかもしれません。

上記は、世の中全体の「温故知新」精神の大切さとして掲げた
一例ですが、そう言ったことを一個人でも考えてみよう、
という高次元からのアドバイスを受け取りました。

例えば、

過去には、当たり前におじいちゃん、おばあちゃんがいた。
でも、今は(亡くなって)いない。

おじいちゃん、おばあちゃんが私に
よく言ってくれていたことは何だったかしら?
何を教えてくれただろう?

今では何でもインターネットで調べられるけれど、
学生時代にはまだ電子辞書すらなく、
紙の辞書で調べ物をしていた。その時に、
今とは違う「調べる力」が身についた。

昔の恋人が、私に言ってくれた
大切な言葉は何だったかしら? 

など、結構振り返ってみると色々出てくるものです。

 

古き良き時代のモノを現代にどう活かすのか?

過去のモノであったとしても、
「良いものは、やはり良い。」ということなんです。

日本のシティポップや、日本のアイドルたち


世界で高く再評価されているのも、その表れなのだと思います。

斬新なものや新しいモノが泡のように噴出している昨今、

「本当に素敵なもの」「本当に素晴らしいもの」を目利きする力

これが、現代の我々には残念ながら欠けているようですね。

やはり素晴らしいものは、忘れずに引き継いでいくということ。
その意志の中に、高次元からのエネルギーやサポートが流れてくるようです。

これこそ、今の我々に課されているテーマなのかもしれません。

筆者まとめ

私はドラマ鑑賞が大好き!!というわけで、
今回のテーマはこんな内容になったわけですが、

「記憶喪失」というテーマは、ストーリーになりやすいから
つい作ってしまうのだろうなぁ、
なんて、今期のドラマに関してはぼんやりと思っていましたが、

チャネリングの結果は、意外にも壮大なメッセージでしたね。

この記事を書きながら、全て書かずに
一晩寝かしていたところ、夢を見ました。

小学校1年生の時の担任の先生が出てきて、
私の魅力的なところ、得意なところが、ちゃんと目立つように、
色々な場面でフォローしてくれている姿を
裏で覗いているという夢でした。

「小学校の時によく褒められたことや、
得意だったことをもう一度思い出してご覧なさい。
これからの人生にとても役に立つわよ。」

という夢からのメッセージを受け取りました。

自分自身を振り返ってみて、

過去の素敵なもの、素晴らしいものを
今一度思い出してみてはいかがでしょうか?

ブライベートでも、ビジネスにおいても、
大きなヒントがそこに隠されているはず。

もっと遠い過去にもヒントが隠されているかもしれません。
ご自分の過去世を思い出したくなった場合は、

下記を参考になさって下さいね^^

 

◆過去世を思い出す方法
◆過去世リーディングが出来るセッションはこちら

チャネリングは、本当に大切なものを見極める力を養うためにも有効です。

関連記事

  1. ワンネスとは

  2. 過去世を思い出す方法

  3. 【スピリチュアル考察】病気と魂の関係

  4. 英語学習×AIとスピリチュアル

  5. 世の中のトレンドをチャネリング♪

  6. 【スピリチュアル考察】祝♪宮迫博之さん地上波復帰!過去のあの「闇営業」…

  7. 【追記】残念!!宮迫さん地上波復帰が白紙に

  8. 【スピリチュアルワーク】お金の不安で眠れない時の3つの対処法